2020年03月15日

古典助動詞『らる』の連体形『らるる』例文集

トップページサイトマップ助動詞『らる』>助動詞『らる』の連体形『らるる』








古典助動詞『らる』

未然形 られ
連用形 られ
終止形 らる
連体形 らるる
已然形 らるれ
命令形 られよ

■意味と用法
①可能(~ことができる)
②自発((自然)と~される、~せずにはいられない)
③受身(~される)
④尊敬(~なさる、お~になる)

※記憶法
可能
自発
受身
尊敬

それぞれの頭文字を取ると
「か・じ・う・そ」

狼少年が
「火事だ、火事だ」
と嘘を言っては周りに迷惑かけている

『火事嘘』

という覚え方をアドリブで閃きました☆(笑)


古典助動詞『らる』の連体形『らるる』の例文集となります!


続きを読む
posted by logic@サプライズ家庭教師 at 02:29| Comment(0) | 助動詞『らる』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする