2020年02月21日

2017年早稲田・文学部『大鏡』分析!

早稲田・文学部2017年で出題された『大鏡』を分析しています!


分析箇所!
朝成の中納言と一条摂政と同じ折の殿上人にて、品のほどこそ、一条殿とひとしからねど、身の才・人覚え、やむごとなき人なりければ、頭になるべき次第いたりたるに、またこの一条殿さらなり、道理の人にて御座しけるを、この朝成の君申し給ひけるやう、「殿はならせ給はずとも、人わろく思ひ申すべきにあらず。後々にも御心にまかせさせ給へり。
おのれは、このたびまかりはづれなば、いみじう辛かるべきことにてなむ侍るべきを、このたび、申させ給はで侍りなむや」と申し給ひければ、「ここにもさ思ふことなり。さらば申さじ」と宣ふを、いとうれしと思はれけるに、いかに思しなりにけることにか、やがて問ひごともなく、なり給ひにければ、かく謀り給ふべしやはと、いみじう心やましと思ひまうされけるに・・・



この文章を解説します!



スポンサード・リンク








※注意
朝成(あさひら)
伊尹(これただ、これまさ)


古:朝成の中納言と一条摂政と / 同じ折の殿上人にて、
現:朝成の中納言と一条摂政伊尹公とは / 同じ時代の殿上人であって、 /


古:品のほどこそ、 / 一条殿とひとしからねど、 /
現:(朝成卿は)家柄の程度は / 一条殿と同じではございませんが、 /


古:身の才・ / 人覚え、 / やむごとなき / 人なりければ、 /
現:(朝成卿は)身についた学才も / 世間の評判も / 並々ではない / 人でしたから、 /


古:頭になるべき次第いたりたるに、 / またこの一条殿さらなり、
現:(朝成卿が)蔵人頭になるはずの順番がきた時に、 / またこの一条殿も言うまでもなく、 /


古:道理の人にて御座(おわ)しけるを、 / この朝成の君申し給ひけるやう、 /
現:(一条殿も)蔵人頭におふさわしい方であるのを、 / この朝成の君が、(一条殿に)申し上げなさったことは、 /


古:「殿はならせ給はずとも、 / 人わろく思ひ申すべきにあらず。 /
現:「殿は(今回蔵人頭に)おなりにならなくても、 / (世間の人が)外聞が悪いとお思い申し上げるはずもありません。


古:後々にも / 御心に / まかせさせ給へり。 /
現:のちのちいつまでも / お心のまま(におなりになれるご身分)で / いらっしゃいます。


古:おのれは、 / このたびまかりはづれなば、 / いみじう辛かるべきことにて / なむ侍るべきを、 /
現:私は、 / 今回はずれてしまいますと、 / ひどくつらそうなことで / ございましょうから、 /


古:このたび、申させ給はで侍りなむや」 / と申し給ひければ、 /
現:今回は、ご申請なさらないでくれませんか」 / と申し上げなさったところ、 /


古:「ここにもさ思ふことなり。 / さらば / 申さじ」 / と宣ふを、 /
現:「私もそう思います。 / それでは / (今回の蔵人頭は)申請しないようにしましょう」 / とおっしゃるので、 /


古:いとうれしと / 思はれけるに、 / いかに / 思しなりにけることにか、 /
現:たいそううれしいことだと / お思いになりましたが、 / (一条殿は)どうして / そうお思いになってしまったのでしょうか、 /


古:やがて / 問ひごともなく、 / なり給ひにければ、 /
現:そのまま / あいさつもなく、 / (蔵人頭に)おなりになってしまったので、 /

古:かく / 謀り給ふべしやはと、 / いみじう / 心やましと / 思ひまうされけるに・・・
現:(朝成卿は)「こんなふうに / おだましになってよいものか」と、 / ひどく / いまいましく / お思い申し上げなさって、 /


※更新中



参考サイト

『大鏡』第三 伊尹伝より
http://fudenoato.cocolog-nifty.com/fude/2009/06/post-f2e9.html

大鏡 - 太政大臣伊尹 謙徳公
http://okagami.blogspot.com/2014/10/blog-post_87.html


大鏡
藤原伊尹 謙徳公 -1
http://www.okawashumei.net/lib/txtview.cgi?dir=okagami&ext=ut8&suf=&open=left&editok=0&tateok=1&bouten=1&ruby=2&imode=0&usr=1&page=28000001


※更新中
posted by logic@サプライズ家庭教師 at 00:43| Comment(0) | 大鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください