2020年05月07日

副助詞『だに』(~さえ)は現代語でも使われている根拠!(古文講師・木寺淳浩式)




古文の副助詞『だに』

■意味1

(願望・命令・仮定などの表現とともに用いられて)
せめて-だけでも。


■意味2

(多くが下に打ち消しの語を伴って)
〜さえ、〜でさえ。




意味2の
「~さえ、~でさえ」
の事例!


■古文
一文字をだに知らぬ者、しが足は十文字に踏みてぞ遊ぶ。

■現代語訳
一という文字さえ知らない者が、その足は十という文字を(書くように)調子をとって足踏みをして楽しんでいる。

抜粋元
https://manapedia.jp/text/5449


この副助詞『だに』は
古文語限定じゃないですよ~!

これは僕の恩師である古文講師・木寺淳浩先生によって、
納得いく根拠を教えてもらいました☆

その懐かしき思い出を振り返る意味を込めて、
ここに書き残しておきます☆


続きを読む
posted by logic@サプライズ家庭教師 at 01:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日のツイート






























































posted by logic@サプライズ家庭教師 at 00:01| Comment(0) | 日記(つぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする